お手当の会:内用・外用

お手当の会をしました。
年末にリクエストいただいて現実になったのが6月!おまたせいたしました~!

お手当は、まさに手をあてる。お腹が痛い時にお腹をさすってあげると楽になる。
そんな方法をもっと知って役立てようというもので、みなさんお子さんがいるのでお子さんと一緒にできるものや、子育てでがんばってる自分にキッチンにあるもので、もしくは買い置きしておくとちょっとした不調の時にすぐに使えるものをセレクトして、おまけに夏の過ごし方も一緒にお伝えしました。

外用はこんにゃく湿布としょうが湿布
この二つはずぼらな私でもできるのでおすすめ。
病気治しというより、日々の疲れたな。とかちょっと冷えてるなって時、ちょっとした不調のときにやってあげるとわりとすぐに効果を感じます。
夏場はエアコンで体が冷えていたりするので、これからの季節にも役立ちます。
しょうが湿布は湿布液を作っている最中からしょうがのいい香りで癒し効果抜群☆
みんなで首やら肩にあてて、ゆっくりする予定が 娘がやって~やって~とっきて^^;娘にもお手当て。
あったか~い。きもちいい~。としょうが湿布がだいぶ気に入ってくれたみたい。

内用は、梅干しの黒焼き、ヤンノー、甘い野菜のスープ、切干大根茶
知っていてもわざわざつくってみたことがなかったり、いざ必要な時(不調な時)にはやってみる気力がなかったりしますよね~。なのでみんなでワイワイ作ってアレンジして日々に取り入れやす形にしておくと、無理なく作れるとおもいます。
何事も、マシを重ねるですね。

a0169547_10181819.jpg

ご飯は、コーンごはん(子供用)小豆玄米ごはん、にんじんのラぺ、小松菜の海苔和え、糠漬け、梅干し。
これに甘い野菜スープにお塩を入れて、お食事用にしました。

お母さん曰く、偏食の2歳の女の子が普段は食べないニンジンやキュウリ、梅干しを食べてくれてとっても喜んでもらえました♡ うれしい♡

そうそう、マクロビのお手当というと「鯉こく」も気になりますよね~
以前習った時の記事があるのでよろしければのぞいてみてください→ 
[PR]
by simatiro | 2016-06-21 10:26 | sima日記
<< アイスとコーンカップ試作♪♪♪ おひさまごはん >>