黒糖蒸しパンのその後

水没の謎を探るべく、黒糖蒸しパンをつくってみました。
蒸籠ではなく昔ながらの鍋の蒸し器2段で、1段目、2段目ともに間に布巾を挟まずにトライしてみました。
a0169547_23425441.jpg

上段
a0169547_2343223.jpg

下段
a0169547_2343927.jpg

型から外したところ。

水没したむしぱんはできませんでした。
となると、なにが原因だったかと考えて、注意点をまとめてみます。
①しっかりとお湯が沸いている状態をキープ
②生地を容器に入れて、蒸すまではお湯の上にセットしない(底に水滴がつくため)
③蒸す時は強火からスタートし、中火に変える時に中をのぞかない
④蒸し終えたか確認するときは水滴が落ちなうように蓋全体を外す。(斜めにすると一か所に水滴がたまる)

以上の点に気を付けていただいてつくってみてください。
もちろん、さらしなど布を蓋と2段目に挟んでいただいても^^
今回は検証(?)のために挟まずにやってみました~
先日のレッスン後に作ってみましたと報告をいただいてとてもうれしく思っています♡
いろいろアレンジをして楽しんでみてくださいね~^^
[PR]
by simatiro | 2016-02-29 06:01 | sima日記
<< はるこいまつり  3月20日(日) ケヤキカフェ 仙台♪ >>