子どもの火傷と湿潤療法

6月の後半にホットプレートで腕の内側にやけどしてしまった娘><の経過日記です。長いです・・・

その時は泣いたけれどもそんなにたいした火傷に感じずにいて、幼稚園の親子クラスに参加してバッチのレスキュークリームをぬってもらいすごしました。(これでだいぶ娘が落ち着いてくれました)

水ぶくれがやぶれたので馬油を塗ってラップをして様子を見たものの、新たな小さな水ぶくれができたこととラップで蒸れて匂いが気になったので後日湿潤療法をやっている八幡の病院にいってみました。

とても丁寧な説明をしてくれる先生で (小児科がないのが残念!火傷はみてくれました)
ラップは傷口にくっつかなくていいけど、蒸れてあせもになったり、匂いがくさくなったり、浸出液が漏れてしまうから注意が必要で、湿潤療法につかう専用のシート「プラスモイスト」を教えてもらい(保険がきかないから?自分でネット等で買うよういわれました)その日は2枚だけ譲ってもらいワセリンと共に処方してもらいました。
(アマゾンで早速注文。クォール薬局でも置いてあるとのことで一度買いに行きました。)
1日2回朝、晩に貼り替えていました。
数日は赤ーくなっていてじゅくじゅくと浸出液もでていましたが徐々にへり、傷口もきれいなサーモンピンクになりました。
消毒がない分、娘も痛がらずに済みました。
約2週間目で新しい皮が再生してきているとのことで、(娘も自分から積極的に貼り替えに協力してくれてました)プラスモイストはしなくてよいとのこと。
ただ皮膚がまだ薄くて弱いので、ぶつけたり傷を作らないようにと、この夏は日焼けをしないようにサポーターやガーゼで覆って過ごすように言われました。
またお盆明けに経過を見せに行きます。

自分の今までの火傷の回復よりとてもスムーズで湿潤療法がよかったな~とおもったので書きました。
参考にしたサイトです↓(いった病院ではありません)
湿潤療法→ (火傷の生々しい写真等があります)  


[PR]
by simatiro | 2015-07-20 06:46 | simatiro日記
<< 最後のufucafe 保存食の会7月 >>